インフルエンザの予防摂取を受けてきた!妊婦にワクチンは悪くないのか?赤く腫れた話

妊婦の皆さん、インフルエンザワクチンを接種しましたか?

 

私は色々迷い考えた結果、先日受けてきました☺

「妊婦ってインフルエンザの予防摂取を受けるべきなの?」

「赤ちゃんに危険はないの?」

「予防摂取をしてもかかる時もあるし、あまり意味ないんじゃない??」

なんて思っていたのですが、ドクターの話や、先輩ママの意見を聞いたり、ネット情報(医師が書いている記事)を読んで、受けることにしました。

だけど、インフルエンザワクチンを受けてから今日で3日目なんですが、注射をした腕が赤く腫れているんですよね😂💦💦

 

って事で今日は、

  • インフルエンザワクチンは妊婦に必要なのか?
  • インフルエンザワクチンを受けた私の体験談(料金も)
  • その後、赤く腫れた話
  • 妊婦の家族は受けるべきなのか?

について、私が調べた結果をまとめます😊

もし、迷っている人は、参考にしていただけると幸いです!

 

*私は専門医ではありませんので、あくまで参考程度にご覧下さい🙌

妊婦にインフルエンザワクチンの予防摂取はいいの?

一番気になるのが、インフルエンザワクチンは妊婦にとって悪ではないのか?!

って事ではありませんか?

妊娠している女性が一番気になるのが、赤ちゃんへの影響だと思います。

そこでココでは、専門家の意見を中心に、あとは直接医師から指導を受けた先輩ママの意見についても紹介します!

赤ちゃんに危険性はないの?

結論から言うと、インフルエンザワクチンによる胎児への影響は報告されていないというのは答えです。

全体的な意見を見ると、「影響はない!」「どの妊娠期間でも大丈夫!」という意見がほとんどですが、気になる意見もあります。

例えば、

  • まだ調査集計が十分に取られていない
  • 流産の可能性が高い妊娠初期(13週前後まで)は避けた方がいい

「妊婦はインフルエンザワクチンを受けるべき!」という意見も多いけど、賛否両論分かれている事は確かです。

そもそも必要??

インフルエンザワクチンを受けても、インフルエンザにかかる場合もあります。

これは妊婦に限らず、よく言われている話ですよね?

ではなぜ、妊婦にインフルエンザの予防接種が勧められているのか。。

それは、妊婦がインフルエンザの予防接種を受けるべき理由は、重篤化する事を防止する為です。

妊娠中に新型インフルエンザになった場合、重篤化する事例が多く、重篤化した場合早産率が高かった事が報告されているそう。

だから、

  • インフルエンザにかからない為
  • インフルエンザにかかっても重篤化しない為

に妊婦にインフルエンザの予防接種は推進されています。

だけど実はこれ、海外の事例の話。

日本では「妊婦さんがインフルエンザにかかっても重篤化した事例はない」なんだそう。。

病院の先生の話

私のかかりつけの産婦人科では、「妊婦はインフルエンザワクチンを接種した方がいい」という意見でした。

理由はシンプルに一つ。

「重篤化しないため」だそうです。だけど、強制ではなく、あくまでお母さん本人の意見を尊重してくれました!

妊婦の友達の話

妊娠中のママ、出産したママ、何人かに意見を聞いた所、個人的な集計では以下のような結果になりました。

  • 1年以内に出産した女性、妊娠中の女性、子供がいる女性はワクチン接種率が高い
  • 3年以上前に出産した女性(第一子の場合)は、ワクチン接種率は低い

こんな感じ!

最近では、産婦人科でも積極的にワクチンの接種を勧めている印象で、あとは子供がいるお母さんは「私が倒れると大変だから」「子供がウィルスを持って帰ってくるから」などの理由から、ワクチン接種率が高かったです。

SNSでの意見は以下の通り!

こんな感じで、

  • 産婦人科でススメらる事が多い
  • 子供がいるお母さんは親子で受ける事が多い

みたいな感じでした!

副作用について

妊婦だか副作用がでやすいという報告はありません。

ただ、インフルエンザワクチンを受けるにあたり、副作用がでる事もあります。

よくある副作用で言えば、

  • 局所反応(発赤、腫脹、疼痛等)
  • 全身反応(発熱、悪寒、頭痛、倦怠感、嘔吐等)がありますが、

この2つです。通常2-3日で消失するようです。

そのほか、非常にまれな副作用として、

  • ショック
  • アナフィラキシー様症状
  • 急性散在性脳脊髄炎
  • ギランバレー症 候群等

も報告されているそうです。

体調の変化や局所の異常反応、けいれん、高熱等の副反応を出た場合は、すぐにワクチンを摂取した病院へ連絡をする事が大切みたいですよ!

かかりつけの産婦人科で接種がおすすめ!

妊婦でインフルエンザの予防接種を受ける場合は、かかりつけの産婦人科で受けるのがおすすめです!

理由は、次の3つです。

  • (妊婦や胎児に対しての)専門医だから
  • 通常の内科や耳鼻科では妊婦お断りのところもある

流行る前に受けるのが理想

もう一つ大切なのが、流行る前に打つこと!

今年(2019年)は特にインフルエンザの流行が早いらしく、10月時点から接種は始まっています。

またワクチンも数が沢山ある訳ではなく、病院によっては早々に締め切りをする病院もあるそうですよ!

スポンサーリンク

妊婦だけどインフルエンザの予防摂取を受けてきた話

このように、

  • 賛否両論あるが、もしインフルエンザにかかって重篤化して、早産になる危険は回避したい
  • かかりつけの産婦人科でもススメられた
  • 周りのママ達も、ほぼ全員受けていたから

この3つの理由から、私はインフルエンザの予防接種を受ける事にしました😊

ちなみに、10年ぶりのインフルエンザの予防接種&注射は超苦手な私です!

当日接種も可能

私が妊婦健診で通っている産婦人科(@亀田マタニティ・レディースクリニック)では、当日の予約でも接種が可能でした!

10月後半に行った妊婦健診で、受付の方に「インフルエンザの予防接種はじまってますよ!今日受けますか?もぅ流行っているので早く受けた方がいいですよ!」と言われました。

でもこの時は、まだ受ける覚悟もなく(注射怖い)、リスクも心配だったので、「。。。考えておきます」と答えて帰りました。笑

▷この時の妊婦検診の話はココ

(エコーの時にドクターにインフルエンザの予防接種は受けた方がいいか質問しました)

体調不良だと受けれなかった!

後日改めて注射を受けに行ったのですが、その日は受ける事が出来ませんでした💦

理由は、

  • 前日、蕁麻疹が出たから

あと3日前から体調がイマイチで、この日は体調は良かったのですが、、、だけどダメと言われました。

▷蕁麻疹が出た話はココ

*熱は36.7℃でした

「今日受けると、ワクチンに変に反応しちゃうかも知れない(蕁麻疹が再発するかも)から今日は止めときましょう。最低でもあと1週間は待ちましょう。」

との事で断られました。

やっぱり痛い。泣

で約10日空けて、受けてきました!

はじめに、注意点を読み問診票を書いて、熱を測ります。

注意点等

 

問診票の一部

その後、エコーで赤ちゃん・私の体調を確認してドクターからOKが出れば、インフルエンザワクチンの予防接種を受ける事ができました!

10年ぶりのインフルエンザワクチン、、刺す時は痛くないけど、ワクチンを入れるときが、うやっぱり痛い😱💦

あ〜〜怖かった。。

料金は3,500円

お会計は、3,500円でした。

もちろん、保険適用外!

母子手帳には、インフルエンザの予防接種を受けたシールを張って頂けました!

スポンサーリンク

妊婦でインフルエンザの予防摂取受けたら赤く腫れた話

 

赤く腫れて痒い!

注射を打ったその日から、ずっと左腕(注射した方)に違和感があったんです。

腕もなんとなくジーンとした痛み?痒み?腫れている感じ?みたいな違和感がありました。

で2日の夜、見てみると軽いですが、赤く腫れていました💦💦

分かりますかね?赤くなってて、腫れているから服のシワの跡がついている!肉眼で見るともっと赤い!

 

今まで何度かインフルの予防接種受けた事あるけど、腫れたのは初めてでびっくりしました!

なぜ、赤く腫れたりするのか?病院の見解

これは、インフルエンザワクチンでは良くある副作用のようで、2〜3日で腫れや赤み痒みは引くそうです。

ここに書いているドクターによると、アレルギーがあり免疫力が低下している人は、腫れたりしやすいらしいので、

免疫力が低下しやすい妊婦さんは、腫れや赤みが出る人が多いかも知れません!

妊婦の家族もインフルエンザ予防摂取を受けるべき?!

あと気になるのが、家族もうけるべきかって事!

妊婦さんはできるだけインフルエンザウィルスの触れない為にも、同居する家族はうけるべきという意見がほとんどです。

主人は受けてくれた

ちなみに私の旦那さんは、私より先にインフルエンザの予防接種を受けてくれました!

実家の両親も、例年は受けていないけど、今年は私の為に受けてくれるそうです☺

スポンサーリンク

まとめ:妊婦でインフルエンザワクチンはメリットあり!

このように、妊婦がインフルエンザの予防接種を受けるメリットはあります!

  • インフルエンザにかからないようにする為
  • インフルエンザにかかっても重篤化しない為

だけど、副作用があったり、妊婦さんは体調を崩しやすいので受けたい時に受けれるかは別問題。

かかりつけの産婦人科へ相談した上で、ご自身が納得して受けるのが一番だと思いました😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です