不妊検査ブログ②英ウィメンズクリニックの初診の日|1日の流れや混み具合など気になる点をまとめ

こんにちは、みゃーです。

今日は、英ウィメンズクリニックへ検査の為はじめて訪れました!

初診の流れを備忘録として記録しておきたいと思います。

英ウィメンズクリニックが気になっている人・不妊の検査が気になっている人に参考になれば嬉しいです。

初診は、予約の15分前に到着(7階の受付へ)

「初診の時は15分前に来てください」と言われました。

だけど、神戸に不慣れな私は、ギリギリの時間に行った挙句、道に迷った。。

「あれ??このビルじゃかった!!!(泣)どこや〜〜〜!!!」ってなりました。

ビルの目印は、1階に『トゥモローランド(洋服やさん)』が入ってる事!!

そのビル(三宮セントラルビル)の7階が総合受付なので、まずは7階へ向かいましょう。

7階受付の写真*公式サイトより

私は15分前どころか、時間ギリギリにつきました。

はじめに問診票を書く

7階の受付のスタッフの方に、はじめて来た事を伝え(予約済)ると、問診票を書くようにお願いされました。

 

問診票は、事前にダウンロードして、家で書いて持ってくるものOK

問診票のダウンロードはここにあります

問診票には、A4用紙3枚にぎっしり質問がある!!

とボリュームに驚いたけど、他で不妊治療をした人は答える箇所がたくさんありますが、不妊治療を受けた事がない私は、答える項目はほぼなかったです。

 

問診票を書き終えると、早速検査がはじまるようだ!

(「えっ、はじめに説明とかないの??」と、思ったよ。)

PHS(携帯)を渡される

受付スタッフさんに「うちからのメールはリアルタイムに届いていますか?」と聞かれました。

メールを見ると、早速チェックインメール(「受付を済ませました」みたいな内容)が届いてました。

IPhoneのメール(メッセージじゃない方)、普段使ってなくて、リアルタイムに届いてないと思うんですよね。。

設定の問題だと思うけど、よくわかってなくて・・・^^;

こう話すと受付スタッフの方から、携帯(PHS?)を渡されました。

 

英ウィメンズクリニックでは、

「もうすぐ呼ぶので、ドクター室の5番の前に来てください

「ケアルーム(カウンセラーや看護師がいる)の702番にお入りください」

など、電話で連絡が来ます。

(リアルタイムにメールを受信できる人は、携帯は借りず、メールをお知らせを頼りに行動する)

スポンサーリンク

検査が開始!1日の流れ

先に所要時間を説明すると、10時に受付に行って、終わったのが13時30分でした!

平日なのに、3時間半もかかりましたが、具体的な検査内容や流れなど、詳しくお話したいと思います。(土日祝日はどれほど混んでいるんだろう・・)

受付→血圧・体重測定・検尿→受付へ

問診票を書き終えて、携帯を渡されると、

受付スタッフさんから、「この紙(⇩)を参考にして、測定や検尿をお願いします。検尿まで終わると、受付にまた来てください。」

と言われました。

紙に書いている通り、まずは8階(総合受付の1つ上の階)にある機械で、血圧と体重を自分で計り、自分で記録しました。

そのあと、7階に戻ってきて、受付横にある検尿専用のお手洗いで、検尿を済ませます。(検尿が終わると、トイレの個室内にある小窓をあけて提出)

そのあと、受付に戻り声をかけると、

「次はケアルーム702の前でお待ちください。順番になると携帯へ電話します^^」

と言われました。

受付スタッフさんは、どの方もとても親切な印象ですね。

カウンセラーによる資料の配布

20分くらい待つと、携帯がなって「〇〇様ですか?ケアルーム702番にお入りください」との事で、ケアルームに入りました。

ケアルームの写真*公式サイトより

この部屋は、最大3組のお客さんが一度に入れます簡単に仕切られているだけで、横の人の話は筒抜け!

そこで、治療スケジュールノートや資料(不妊に関する原因や治療法が書かれたもの・妊活セミナー等の案内)を渡されます。

「このノートを元に治療を進めるので、必ず持ってきてドクターに見せてくださいね」

「この資料は目を通しておいてくださいね」

「ネット予約の方法については、ここに書いているので、見ててくださいね!」

みたいな感じで、英ウィメンズクリニックでの正しい通い方や、大枠の情報提供があり

「次はドクタールーム1の前あたりでお待ちください」

との事。

私の話も聞いて欲しいし、質問もしたい。だけど、一方的に聞くだけ!

渡された資料があまりに素晴らしく、勉強になるから、この日の待ち時間はずっと資料を見てました。

ドクターによるお話と内診

さらに30分ほど待つと、PHSが鳴って、やっとドクター室へ。

やっとドクターに会えました!笑(病院に来て、1時間以上かかった!)

ドクター室の写真*公式サイトより

ドクターにノートを渡し、ドクターがノートやパソコンの画面を見て、

「みゃーさんは、まだ妊活をはじめて4ヶ月目なんですね〜。カラダのチェックですね〜。わかりました。

今日内診で、おりものチェックと子宮頸がんチェックと〇〇と〇〇と、血液検査では〇〇と〇〇とをしましょうか。時間は2時間くらいみててくださいね。

他に何か聞きたい事はありますか?」

と言われ、内診まで外でお待ちくださいとの事でほぼ3分くらいで終了^^;

よくわかってないから、言われるがまま!笑

ドクター室の外で待っていると、内診室に呼ばれ、内診をしました。

一般的には、問診(お話)の他に「超音波」という機械を使って、膣の中から子宮や卵巣の状態を診てゆきます。

「内診」とは厳密に言いますと、「膣の中の状態を医師が指で確認して診察すること」ですが、患者様の多くは、「膣の中から超音波で子宮や卵巣の状態を診ること」を指していることが多いようです。

また、問診・内診の他に、必要があれば「検査」を行います。

膣の中から細胞の一部や分泌液(おりもの)を採取したり、膣内部の洗浄をしたり、採血(腕からの血液検査)をすることもあります。

新宿レディースクリニックのサイトより

 

内診で診た内容については、(緊張しすぎて)あまり覚えてないですが、

  • おりものチェック(細胞の一部をとる!チクとするくらい)
  • 子宮頸がんのチェック
  • 子宮筋腫のチェック(超音波チェック)

をしたと思います。

内診が終われば、外で待って再びドクタールームへ

再びドクターからの説明で、

「左右に2づつ、計4つの筋腫がありますが、多分大丈夫ですね〜。

おりものチェックは、次回来た時に結果が出ていると思います。

今後の治療の流れについては、カウンセラーから説明があるので、ケアルーム702の前でお待ちください。

何か質問はありますか?」

筋腫がっても本当に大丈夫なんですか?!

「筋腫は多くの女性にあるものなんですよ〜。多分大丈夫なので、様子を見ましょうね」

との事。

これまでで約2時間くらい経過。長い。。。

しかし、子宮筋腫が4つもあるって知らなかったし、驚いた!

びっくりして旦那さんに、

「子宮筋腫が4つもあるらしい。でも大丈夫らしい」ってLINEを送ってしまった(笑)

 

ドクターは寄り添って話を聞いてくれるタイプではなく、最低限の情報しか教えてくれない。。(しかも聞きにくい雰囲気)

カウンセラーによる『不妊検査』の説明(次回の予約)

さらに30分ほど待つと、PHSが鳴って、ケアルーム702へ呼ばれました。

ここでは、不妊コーディネーターと呼ばれる方から、今後のスケジュールを中心に、話を聞きます。

(このタイミングで?って感じですが・・・)

  • 検査の項目はこれ(*1)だけあって、だいたい3〜4回来たら終わります
  • 検査の費用は、合計で5〜7万くらいです
  • ミャー様の場合、次回は▲▲の検査です
  • ▲▲の検査の注意事項や、同意書についての説明
  • 男性の検査も同時に進めた方がいいですよ。容器持って帰りますか?

などなど、、、。

(*1)検査項目

この不妊コーディネーターの方がとても親切。寄り添って話を聞いてくれる方で、じっくり30分くらい話を聞きました。

私が次回受ける検査は、子宮卵管造影・子宮鏡検査の2種類(月経の7〜12日目頃に受ける)。

今回の一連の検査の中でも、肉体的にも精神的にも一番負担のある検査のようで、説明や注意点を聞くと怖くなってきました。。

また、男性不妊の検査についても、同時並行する事を強くおすすめされました。

無理に旦那さんを連れてくる必要はなく、奥さんが容器で旦那さんの精液をもってくると、チェックをしてくれるそうですよ。

私の場合、今回容器を持って帰って、次回の検査の前に提出すると、検査後の結果を聞くときに精液チェックの結果も教えてくれるそうです。

 

旦那さんとの事、私の気持ちなど、きちんと配慮しながらお話してくれたので、よかったです。

不妊コーディネーターさんの話が終わると、最後に採血との事。

「今回は、検査項目が多いから、採血の量が多いけど、頑張ってください!」と応援していただき、706のケアルームの前で待つように指示されました。

(余談)両隣の方は、体外受精の説明を受けていた

すごく余談なんですが、、ケアルーム702は最大3組の方が同時に話を聞ける場所。

ケアルームの写真*公式サイトより

この部屋は、最大3組のお客さんが一度に入れます簡単に仕切られているだけで、の横の人の話は筒抜け!

自分の話を聞きながら、両隣の女性の方が、対外受精の話を聞いていたので、ちょっと気になった^^;

看護師による採血

706のケアルームまで待つ事、約15分・・・。すでに病院に来てから3時間経過・・すでにぐったりしてました。

またまたPHSがなって、ケアルーム706へ入りました。

ケアルームの写真*公式サイトより

中に入ると、女性の看護師さんが座っていて、採血がはじまりました。

ここで私。。。

めちゃくちゃ注射が苦手なんです。。

どれくらいかと言うと、採血してる最中に気持ち悪くなって、クラクラして、看護師さんに心配かけるくらい、怖いんです(;;)

(婦人科の内診よりも、採血の方が何倍も嫌!!!!)

ただでさえ苦手なのに、検査項目が多いから、採血の量が本当に多くて、おそらく5本分くらい、とっていたと思います。

(一度も見てないので、正確な本数はわからないですが・・)

 

採血が終わったあとは、体の震えが止まらなくて、本当にぐったりしてしまいました。。

看護師さんに「大丈夫ですか?!!休みますか?!!!」

って聞かれながら、一刻も早くこの注射部屋を後にしたくて、「大丈夫です・・」というと、

「あとはお会計ですので、お会計の準備ができれば電話します」

との事でした。

そのあと、ソファーに座ってぐったり・・・。今日だけで、白髪が5本生えた気がする。。

お会計

多分10分以上待っていると、電話が鳴り、受付行ってお会計をしました。

やっと終わった・・・。疲れた〜〜〜。。

 

帰りは「ご褒美」と思って、一人でランチを食べて帰りました。

不妊治療している女性のブログを見ると、

病院帰りに『ご褒美』と称して、パンやケーキ買って帰ったり、ランチしたりしてたけど、、、その気持ちすごくわかった(笑)

スポンサーリンク

英ウィメンズクリニック:1日目(初診)を振り返って

  • 待ち時間は、本当に本当に長いです・・・
  • その割にドクターとの内診やお話の時間は短い!
  • ドクターとは最低限の話で、詳しくはもらった冊子で勉強がわかりやすい!
  • でも、最新の設備で最高の治療が受けれる!ハズ・・

はじめての不妊のチェックでしたが、普通の病院と比較すると「え?」と思う事が多かった。

こちらは悩んでるし、迷っているし、もっと話を聞いて欲しい。もっと今のモヤモヤをスッキリさせて、検査を進めたいのに、ドクターは親身になって話を聞いてくれる雰囲気じゃないし、最低限の説明だけで、こちらも聞きにくい。

だけど、実力がある病院のようだから、しばらくは通ってみようと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です