不妊検査ブログ③英ウィメンズクリニックで子宮卵管造影と子宮鏡検査を受けた体験談|気になる痛みは?

こんにちはみゃーです。

いままでの事

妊活に4回失敗し、不妊の検査をする事にしました。

私が選んだ病院は、神戸・三ノ宮にある『英ウィメンズクリニック』。

1回目の内診と採血が終わり、今回(2回目)は、『子宮卵管造影』と『子宮鏡検査』を受けてきました。

 

『子宮卵管造影』の『痛み』については心配していたのですが、、

結論から言うと、『子宮卵管造影』は痛いけど、全然大丈夫でした!!!

重い生理痛のような痛み(子宮がキューって締め付けられるような痛み!)なので、生理痛に慣れている女性なら、余裕だと思いましたよ(笑)

 

今日は私が、英ウィメンズクリニックで、不妊検査の『子宮卵管造影』と『子宮鏡検査』を受けた体験談をお話します!

 

この日の検査の流れ

大まかに説明しておくと、今日の検査の流れはこんな感じでした⇩

9:00に病院へいって、お会計をしたのが12時30分頃・・。

今日もたっぷり3時間30分コースでした><。

時間 内容
(9:00) (精液が入った容器を預ける)
9:20 2階受付に行く
10:00〜10:30 『子宮卵管造影』と『子宮鏡検査』検査
11:40〜50分  ドクターより検査結果の説明

私はこの日、男性側の不妊検査である『精液検査』も同時に行いました。

精液検査は時期を選ばない検査です。

だけど、この日に持って行った事は、結果としてスムーズに検査結果を聞く事ができたので、いいタイミングだったと思いました。

今日のブログでは、『精液検査』の事はサラッと流して、『子宮卵管造影』と『子宮鏡検査』について詳しく書きます。

(精液検査については、別記事で書きます。)

スポンサーリンク

『子宮卵管造影』と『子宮鏡検査』検査の注意点と料金

事前に渡されるこちらの資料(⇩)に詳しい事は書いていますが、今知っておきたい人の為に説明しておきます。

注意点

  • 診察予約の30分前に行く事
  • 検査の日まで『確実』に避妊しておく事
  • 同意書を持っていく事
  • 検査当日の食事は軽めにしておく事(気持ち悪くなる恐れがある)
  • ナプキンを持参する(血がで出る事がある為)

料金

  • 子宮鏡検査:4,200円前後(保険適用後)
  • 子宮卵管造影検査:10,000円前後(保険適用後)

と事前に説明を受けました。

実際にかかった費用は、2つ検査をして10,578円でした。(あれ?なんでこんなに安かったんだろう・・・)

『子宮卵管造影』と『子宮鏡検査』検査の体験ブログ

 

9:15 来院。(10:00から検査)

子宮鏡・子宮卵管造影検査の診察は10:00からでした。

事前の説明で「30分前には来るように」と言われてたので、9:15分には到着。

7階がメインですが、この日は2階で検査でした。

2階の待合室の様子

受付スタッフさんが、とても優しく親切な方でした。

英ウィメンズクリニックは、ドクター以外のスタッフさんは素晴らしい方が多いです!

(ドクターは悪い訳ではなく、忙しすぎて、ゆっくり話す時間がない。)

9:35 看護師から呼ばれて説明を受ける

受付にある待合室で雑誌を読んでいると、看護師さんから連絡があり、診察室へ入りました。

診察室の様子

前回渡されていて、自宅で書いていた『同意書』や『問診票』を提出し、

今日の検査の流れを聞きました。

また、「前回の妊活の後、検査薬で検査しましたか?」と聞かれ、

「いえ検査薬は使った事ありません。だけど生理がおわったばかりです。」と答えたけど、

生理がきても妊娠している可能性があるから、検査薬を使って今から検査してください」との事で、検査をする事に。

そんな事あるの!?もしかして。。

ってテンションが上がりました

9:40 念のため、妊娠検査薬でチェック→陰性

お手洗いに移動して、検尿カップに尿を入れて提出。

再び診察室に戻って待っていると、看護師さんが戻ってきて、「陰性でした」との事。

思わず、「陰性って妊娠してるって事ですか?!」って聞いた私。

だって妊娠検査薬使った事ないから^^;

もちろん、「陰性は妊娠してないって事ですよ^^」って説明を受けて、リカバリー室というところへ案内されました。

9:45 リカバリールームへ。着替えと、待機

リカバリー室へ案内されてびっくり!

それがここ⇩

えっ、私手術でもするの?!って思った^^;

だってこのベット、病院のベットみたいだと思いませんか?

 

看護師さんから、

  • このガウンに着替えてください(下着は脱いで下さい)
  • 貴重品は、奥の鍵付きのロッカーに入れてください
  • 順番になったら呼ぶので、ゆっくり休んでてください

と説明を受けました。

病院のように、カーテンをすると個室みたいになります。

リカバリー室の様子

周りの人とナースさんも会話が聞こえてきます。

ここは体外受精の採卵をする人もいるみたいで、そんな風な会話も聞こえていました。

みんな頑張っているんだなぁ、私も頑張ろう。と思った。

それと、靴下持って行った方がいいと思いました。私はタイツだったので、全部脱いだのですが、靴下あるなら履いていいそうです。

足が冷えて、、^^;

足元が暖かいと、気持ちまで暖かくなれるかも!?

10:00 『子宮鏡検査』

私の順番が来たようで、看護師さんが呼びに来てくれました。

リカバリールームから検査をする部屋へ移動すると、このような⇩部屋へ。

子宮鏡検査をした部屋

左にある、明るい緑の椅子に座りました。

股を広げて、看護師さんがなにやら準備をしてくれている最中に、ドクターが現れて挨拶。(すいません、こんな格好で。。って感じの状態)

看護師さんからドクターに変わり、膣内とか色々触られているんですが、正直何されているかわかりませんでした^^;

いつもの内診よりは、奥の方を触られているので、キツい日の生理痛ってくらいキューっとなる痛みはあります。だけど、痛みに関しては全然大丈夫。

デリケートな部分を触られているから怖いし、「(まだ痛くなるのかな?)(いつおわるんだとう・・)」って、痛みよりも、恐怖が大きいかも!

顔を横に背けて、腕でギュッと肩をつまみながら耐えていると、看護師さんが反対の肩をさすって「大丈夫ですよ〜もう終わりますからね〜〜」ってずっと横に居てくれました

ショートカットの看護師さんだったと思いますが、すごくすごく優しくて、この人が居たから検査も頑張れたかも(笑)

子宮鏡検査は、多分5分くらいで、しかも痛みもそこまでなく、あっという間に終わりました。

子宮鏡検査が終わっても、お股から管がブランとぶら下がった状態。(子宮の中に造影剤を入れる為につながっている)

??:?? X線室へ移動し、『子宮卵管造影検査』

そんな状態で、自分で隣にあるX線室へ歩いて移動します。

管が抜けないか心配だし、ちょこちょこ小股で歩いて移動。その最中も、看護師さんが「頑張りましたね〜!次の検査で終わりですからね〜〜」って腕を横について励ましてくれました。

子宮卵管造影を行うX線室の様子

x線室にある台に寝転ぶと、ナースの方が管(私のお股から出ている管)と何かをつないでいて、

「今から造影剤流しますからね〜痛みを感じたらすぐに手をあげてくださいね!」との言い残し、看護師さんは出て行きました。

x線室に一人取り残された私。小窓からドクターだけが見えていました。

造影剤がだんだんと入ってきている感じでしたが、はじめは痛みは全くありません。

徐々に生理痛のような、子宮を締め付ける違和感があり、痛みレベルが上がってくるって感じでしたね。

少し痛みを感じた時点で、すぐに手をあげましたが(我慢しない!!)、なんと小窓からドクターが私をみてない!!!焦

思わず叫びそうになりましたが、ドクターが10秒後くらいに気づいて慌てて止めている雰囲気でした。

「今とめましたからね〜!」ってドクターからアナウンスあり。)

ちなみに叫びそうになったのは、『痛すぎて』ではなく、このまま痛みが同じように増えていったら、めちゃくちゃ痛くなるやん!っていう『恐怖心』です(笑)

後から聞いたら、一番痛いレベルまで(300mm/Hg)体験してたらしいのですが、それでも生理痛でうずくまって動けないくらいのレベル。

生理痛がある女性なら、この『痛み』や『痛みの種類』に慣れているから、平気だと思いますよ!

しかし、手を上げたのに見てないって、ほんま何してんねん!ドクター!!怒

次からは「痛みに弱いから、早く手をあげると思うんで、頻繁に見ててください。」って言おうと決めた。

その後、優しい看護師さんが入ってきて、ささっと管を脱いてくれて、検査完了!!

やった!!!!!!!!!!

??:?? 検査結果を伝えてくれる(『子宮鏡検査』と『子宮卵管造影検査』のみ)

生理痛みたいなダメージを受けてヨロヨロとしてましたが、x線室の横にある部屋で、すぐに検査結果をみせてくれました。

子宮内の写真と、卵管に造影剤を入れて撮ったX線の写真です。

問題がなければ、ここはすぐに終わると思います。

私の場合、子宮内の写真では上部に大きめのポリープ左右の卵管閉塞が見つかりました。

「ポリープは除去した方がいい。

卵管はどちらも造影剤が全く流れなくて、今の卵管の状態では自然妊娠は難しい。

このあと、7階で今まで受けた検査結果を元に、今後の方針を決めましょう」

みたいなことを言われました。

10:30 リカバリールームへ戻る

子宮鏡検査と卵管造影検査の2つの結果を聞いた後、看護師さんに連れられて、リカバリー室へ戻って来ました。

そこで、お薬を2種類渡されました。

  • 抗生物質(傷があるかもしれないから)
  • 痛み止め(痛かったら飲んでください)

「体調が戻ったら、着替え受付でお待ちください^^」とのことでした。

もうこの時点では、だいぶ復活していたので、すぐに着替えて退出!

10:40 2階でお会計

今日受けた、子宮鏡検査と卵管造影検査の分のお会計だけ済ませ、

7階でドクターから、1回目に受けた検査結果や、精液検査の結果を含めて、説明を受けるように言われました。

7階へ移動して、ほぼ全ての検査結果をドクターから聞く

7階に移動したのが10時50分頃、ドクターに会えたのが12時15分頃。(1時間30分待ち!)

1回目に受けた検査の結果(一部だけまだ)、

今日受けた検査の結果、

今朝私が精液の結果

の説明を聞きました。

私の場合、1回目の検査には問題がなく、ポリープの切除と、

卵管閉塞のの為、FTという卵管を広げる手術か、体外受精をおすすめされて、資料をもらって来ました。

「じっくり読んで考えてみてください」とのことでした。

 

この日は、女医の林ドクターでした。

林ドクターは、私が4人の女医さんを見てきた中で、一番いいなと思ったドクターです。

忙しいなりに、こちらの話を丁寧に聞いてくれたし、優しかった。

12:30 7階でお会計

最後に、男性の精液検査の4,320円(保険適用)を支払って終わり。

スポンサーリンク

英ウィメンズクリニックでの子宮鏡検査・卵管造影検査を振り返って

痛いと聞いていたが、全然大丈夫!

数名の友人から「子宮卵管造影はめっちゃ痛いよ!」とか「子宮卵管造影は痛くて、途中でやめてもらった!」などの体験談を聞かされ

子宮卵管造影=すごく痛いもの

と思っていたのですが・・・。

 

私の感想では、大丈夫でした!

確かに痛みはあります。私は生理痛がひどい方で、ひどい時で動けなくなるほど子宮を締め付けられる痛みがあるのですが、それにすごくよく似ていました。

しかもすぐに痛みも検査が終わればすぐに取れます。

「また卵管造影できる?」と聞かれると、「全然できる!!だけど、10秒前にとめてくれ!」と言いたい(笑)

英ウィメンズクリニックは、この子宮卵管造影検査の痛みが少ない?

友人からも『みゃーが通う病院は、卵管造影検査痛くないって書いてあるね!いいね』って言われていました。

他にかに、公式サイトにもこう書いています。

「痛みを感じにくい当院の子宮卵管造影検査」

子宮卵管造影検査は、不妊治療においては欠かせない検査ですが、「痛みが伴う」という情報が必要以上広まり、検査前から痛みに対して先入観をもっている場合があります。当院では、造影剤の量や圧力を測りながら入れていくので、患者様があまり痛がるようならそれ以上、無理に造影剤を注入することをしません。約300mm/Hgを超える圧力をかけるとたいていの人はとても痛がりますが、当院の検査機器にはストッパーがついていて300mm/Hgを超えるとそれ以上は造影剤が入らないようになっています。

公式サイトより

参考 https://www.hanabusaclinic.com/conference/2015/07/14/14_1/

看護師さんが、とってもとっても優しかった(涙)

あとあと伝えたいのが、一人の看護師さんがすご〜〜〜〜く優しかった事です。

肩をさすってくれて、ずっと励ましてくれた!

なにされるか不安だったし、「子宮内にカメラ!?めっちゃ怖いやん!!」って強がってたけど、怖かった!!

でも、安心できたし、嬉しかったし、頑張ろうと思えた!!

こういう看護師さんがいてくれるのは、本当にありがたいし、感謝しかありません!!

名前を聞いておけばよかったな。。

私の検査結果について

このように、幸いな事に、自然妊娠が難しいカラダという事が、結婚して3ヶ月目でわかりました!

(早い!笑)

正直つらいし、悲しいです・・。

でも、この時点でわかってよかったと思うしかない!

 

ここからがスタートですが、不妊治療頑張っていきたいと思います^^

 

2 Comments

かた とも

こんにちは!はじめまして。
私も同じ病院(垂水クリニック)で今月から不妊治療を始めました。
血液検査からあまり良くない結果で凹んでいます。
子宮鏡検査はとても痛かったです。急カーブ(個性と言われました)で器具もそれに合わせて入れるから痛かったと思うと言われました。
これからゆっくりブログ拝見させていただきます。
一緒に頑張りましょう。
よろしくお願いします。

返信する
mya-bankon

かたともさんへ

コメントありがとうございます!
同じ病院の垂水クリニックへお通いなんですね。

子宮鏡検査痛かったんですね(;;)
お疲れ様でした。頑張りましたね!!

それに今月から不妊治療開始という事で、精神的に大丈夫ですか?

私も通い始めたのが3月(2月だったかな?)で、今でこそ少し余裕がでてきましたが、
不妊治療開始時は毎日泣いてばかりで辛い時期を過ごしました。

1つ1つの検査も恐怖だし、1つでもダメな部分が見つかると最悪な事ばかり想像していました^^;

だけど時間が経つに連れて、視野が広くなり、前向きに過ごせるようになりましたよ。(子供がいないからこそできる事に目を向けるといいかもしれません!)

私も今月末、ようやくFTという手術を受けて一歩前に進めます。

進んだ先に我が子というゴールがあるかわかりませんが、とりあえず前向きに頑張ろうと思います^^

ぜひ、一緒に頑張りましょうね♪
これからよろしくお願いします!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です