不妊検査ブログ④英ウィメンズクリニックで男性の不妊検査|精液検査をした体験談

こんにちはみゃーです。

不妊検査で欠かせないのが、男性側の検査ですよね。そう、まずはおたまじゃくしが元気か、精液検査をします!

 

先日、私たち夫婦も、はじめて『男性』の『不妊検査』を体験してきました。

 

検査する前は、

私自身

「旦那さんに受けさせたいけど、一緒に行かなきゃダメ?検査って、どうな風に進むのかな?
とか、

うちの旦那さんも

「不妊検査したいけど、病院に行くのは恥ずかしいなぁ。絶対行かないとあかんの?」

と悩んでいました。

そう不妊検査って、体験してない人は、わからない事が多いんですよね!

そこで今日は、私が神戸にある『英ウィメンズクリニック』で男性の不妊検査をした時のお話をしたいと思います。

男性不妊の検査は早めがおすすめ!

 

まず言わせてください。

不妊検査をするには、女性だけじゃなく、男性側の不妊検査も同時に行う事をおすすめします。

これは、赤ちゃんをできるだけ早く授かれる可能性を高めるだけじゃなく、

女性が無駄な治療をしたり、遠回りな治療をしない為にも、とってもとっても大切です。

私の友人の話

結婚して1年の夫婦でした。

特に奥さんの方が子供が欲しく、女性だけ不妊検査&治療をしていました。(旦那さんは嫌がったそうです)

漢方薬を勧められたり、タイミング方を試してみたり、色々試したそうですが数ヶ月たってもできず。かなり落ち込んでいました、、。

ようやく旦那さんが不妊検査をしてくれたそうで、旦那さん側に原因が見つかったそうです。

すべての原因がわかった事で、体外受精(顕微授精)にふみきり、1回目でできたそうですよ!

このように、治療を遠回りする事にもなり、時間もかかる(=精神的に辛くなる)ので、女性の不妊検査とともに、男性の不妊検査をする事がおすすめです!

男性不妊の割合は48%!

男性が原因で不妊になる割合は、48%もあるのはご存知ですか?

これだけ、男性不妊に一般的な事。

決して恥ずかしい事じゃないと思うんです!

 

英ウィメンズクリニックで男性不妊の検査をした体験ブログ

男性が来なくても検査が可能!

旦那さんが病院に来なくても、男性の精液検査はできました。

 

私が、不妊コーディネーターさんに聞いた話だと、一般的には以下の2種類の方法がありました。

  1. 専用の容器を自宅に持ち帰り、自分で採取して、持参する方法(男性が病院へ行く必要なし)
  2. 病院の個室で、自ら採取して、専用の容器に入れて提出する方法(男性は病院へ行く)

1の方法は、採取から持参までの時間が5時間以内と決められています。

その為、1の『男性が病院へ来ずに検査をする方法』は、自宅から病院までの所要時間が、5時間(実質4時間くらい?)以内の人に限られますね。

また2の場合、専用の個室を使う費用として、メンズルーム2,000円(税抜)が必要だそうです。

 

私の場合、

・英ウィメンズクリニックへ1時間以内でいける事、

・旦那さんは自宅の方がリラックスして採取できるかな?と思った事(笑)、

この2つの理由から、1の方法を選択しました。

専用容器を持って帰る

 

はじめて専用容器を持って帰る時は、不妊コーディネータから説明を受けます。

できるだけ良い状態で精液の検査ができるように、注意点が複数ありました。

重要なところだけまとめると、

  • 禁欲期間は1日〜3日が目安古い精子は状態が悪い事が多い)
  • 採取から5時間以内に病院へ運ぶ
  • 移動中は、人肌程度に温めてもってくる(カイロ等で温めすぎても、冷えてても、状態が悪くなる)
  • 検査できる時間は平日:8:30〜15:00、土日祝:8:30〜14:00のみ。
  • 提出は完全予約制(1時間前でもいいので、予約する事)
  • 保険証持参する事

 

また、男性の場合、体調や精神状態によって、検査結果が大きく異なるそうで、2〜3回は検査をした方がいいとの事でした。

こちらの用紙を見ながら説明

 

一通り話を聞いて、専用の容器を渡されました。

 

中身はこんな感じ⇩

 

持ってくる日時は、あらかじめ予約(1時間前でもOK)

精液検査の説明を聞いて、コーディネーターさんからの提案で、

「ミャーさんは、3月7日の10時から検査があるので、9時に持ってきてはいかがでしょうか?」との事。

くる手間も省けるしちょうどイイや!って事で予約をお願いしました。

 

だけど、旦那さんが「7日は8時までに絶対出さないと!」と思うと、ストレスで採取できないんじゃないかな?と心配になりました。

そこで、

この日に予約しても、急にキャンセルしたり、別の日に持ってくる事でできるんですか?
と聞くと、

「大丈夫ですよ!

まずキャンセルに関しては、検査当日に窓口で「今日はキャンセル」と、伝えてくれたら大丈夫です。

急に持って来たい(持って来る事が出来る)状況の場合は、1時間前でもいいので一応『予約』してください。『容器の持参』の場合は、待ち時間はほぼなく、持ってきたらすぐに受け取るようにしています。

あっ、受付で受け取るのではなく、別室で受け取りますのでご安心ください。^^」

との事で、安心しました。

病院で容器(精液入り)を提出

という事で、私は自分の検査の1時間前に、『容器提出』で予約していました。

旦那さんは、予定通り無事採取完了!運ぶ時は『人肌の温度が良い』と聞いていたので、タイツの中に忍ばせて、運びました。

 

英ウィメンズクリニックについて、受付を済ませると、10分もしないうちにケアルーム702へ呼びだされ、スタッフに方にお渡ししました。

検査結果は約1時間で出る。ドクターから結果を伝えられる

1時間くらい経つと、検査結果を教えてくれます。(混んでいる時は、結構待つかも!)

 

私の場合、待ち時間で『検査』をしていたで、

専用容器提出→私の検査→結果をドクターから聞く

という風にスムーズに進める事ができました。

 

この検査結果は通常女性一人でも聞けますが、私たちは『結果だけ』は夫婦二人で聞く事にしました。

(この日は、私の検査結果もほぼ出揃い、すべての検査結果と、治療方針が決まる大切な時だったから。)

 

男性不妊検査の結果は、報告書を見ながら詳しく説明してくれました⇩*結果は個人情報なので隠します。

「濃度が〇〇で、運動率も問題ありません。▲▲がやや平均より下回っていたので、合計として精子運動性指数算出値(診断結果のところ)が●●になってしまっています。

男性の場合、体調やストレスなどの様々な要因で、かなり変動があって、平均を見ていった方がいいので、2週間後以降に、再検査をおすすめします。

結論だけいうと、『良好』ではありませんでした。

MEMO

精子運動性指数算出値(診断結果のところ)で、3段階に評価される。

3段階とは、『良好』『中間』『不良』

「こちらのクリニックに抵抗がある男性なら、当院は男性不妊外来もあるので、そちらで検査を受けていただいても大丈夫ですよ」

との事で、男性不妊外来のチラシもいただきました。

状態が『良好』ではなかったので、サプリや漢方をおすすめされましたが、

ひとまず次回の検査を見てから考えると答え、後にしました。

 

お会計:1回目は4,280円でした。

あとは、お会計をして終了。

男性の不妊検査(精液検査)は、保険適用された後の金額で、4,280円でした。

2回目はさらに1,000円くらい安くなるそうです。

スポンサーリンク

男性不妊の検査が悪かった場合

男性の結果が『良好』ではない方って、結構多いです。

だって、不妊治療で検査して48%の男性に何かしらの原因があり、男性の不妊検査の主検査はこの精液検査だから。

私たちもそうです。『良好』ではありませんでした。

その場合は、以下の事を提案されました。

同じ検査を再度する

検査が1〜2回、また状態が『中間』等(良好でも不良でもない)の場合、体質改善を試しつつ、精液検査をするそうです。

男性不妊外来を受診する

また、1回目の検査から不良の場合、または3回以上検査をしても『中間』『不良』の場合、自然妊娠は難しい可能性が極めて高いそうです。

その場合、男性不妊外来へ行く事をおすすめされます。

精密検査や、場合によっては治療が必要みたいです。

 

男性も女性も原因が見るかる事はイイ事!

これはあくまで個人の見解なので、読みたくない人は飛ばしてください^^

 

私が思うには、子供ができない場合、原因が見つかるという事はイイ事だと思います。

原因がわからないと、対処のしようがありませんからね。

だから、原因が分かり、それにあった治療ができて、子供ができる可能性を最大限高められる、今の環境は、本当にありがたいな〜と思います。

 

もちろん、何も問題がなく、すぐに子供ができる事が理想!それが一番望んでいた事です!!

 

だけど、私たちはそうじゃなかった。

でも、昔の人なら子供を諦めざる原因でも、現代に生きる私たちは治療ができる!

これってありがたいですよね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です