不妊治療ブログ①英ウィメンズクリニックで子宮ポリープ切除した体験談

こんにちは、みゃーです。

(不妊検査ブログ→不妊治療ブログへ、変わりました^^)

先日、私が不妊治療で通う『英ウィメンズクリニック』で、子宮内のポリープ切除手術を受けてきました。

 

実際受けた感想は、

超絶ビビリの私でも、全然大丈夫だったよ!!(興奮)

痛みもほぼないし、すぐに終わる!!

麻酔もしっかり効いて途中で目覚める事もなく(私の場合)、術後の痛くもない!!

って感じでした。

 

でも、手術前はめちゃくちゃ(!!!)怖かったんですよね^^;

想像するだけで、お腹がキューっと痛くなる感じで、手術が怖くてベットで泣いてたくらい(笑)

もし私のように、これから子宮のポリープ切除手術を受ける予定の人が、安心できる私の体験談をお話します!

 

【事前】ポリープ切除の手術注意点・同意書の説明

手術日より前に、看護師さんから手術に関する注意点や、同意書についての説明がありました。

説明された内容については、詳しく掲載しておくので興味がある人は見てみてください。

子宮内膜ポリープ切除手術・注意点

子宮内膜ポリープ切除手術は、平日の8:30〜のみ可能です。

また手術を受ける場合、確実に避妊する必要がありました。

前日の説明

  • 手術前日の食事は21:00まで

当日の説明

  • 当日朝は絶食・水分は6:30までにコップ1杯程度ならOK
  • 化粧・ネイル・コンタクト・アクセサリーはNG(結婚指輪はOK)
  • 持ち物;手術同意書・麻酔問診票・ショーツ(ナプキン付ける)を持参

手術日の流れ

①お手洗い済ませて7階受付へ

②7階で子宮の入口を広げる処置

③8階受付へ

④着替え

⑤点滴

⑥手術室へ移動。麻酔→手術

⑦目覚め

⑧ナースから簡単な説明を受ける

⑨ドクターから説明

手術後の説明

  • 手術当日は自宅でゆっくり過ごす(車の運転は危険)
  • 入浴は3〜4日控え、シャワーで済ませる
  • 次の月経まで避妊する

 

同意書:子宮内膜病変に対する手術

これは以下のような事が書いていました。

  • 手術後、7〜10日前後は少量の出血が持続する事があります。
  • 手術後、子宮内炎症などの感染症を併発するリスクがあります。
  • 手術後数日間、痛みを自覚する事があります。
  • 非常にまれな合併症として〇〇起こす事があります。
  • 取りきれない事があります。残存を認めた場合には、子宮内視鏡検査にてさ一確認する事があります。
  • この処置は、静脈麻酔を用いて行います。この静脈麻酔により、呼吸抑制、呼吸停止、低酸素症、突発性の不整脈などのリスクがあります。

この同意書に、私だけでなく、配偶者である夫の同意署名も必要でした。

これを読むと、ちょっと怖くなりません?私は怖くなりました><。

注意点:麻酔の副作用について

麻酔は静脈麻酔を採用していますが、作用が不十分な場合は吸入麻酔を併用する事があります。

麻酔の安全性は高いですが、リスクもあります。(リスクについて説明)

アレルギーや心疾患の既往がある人は、事前にお申し付けください。

作用が不十分って、、、これが一番怖い!!!!

【手術当日】子宮ポリープ切除@英ウィメンズクリニック

手術当日の体験談。8:40に着いて、12:00に病院を出ました!

①お手洗い済ませて、8:30分に7階受付へ

受付に8:40分頃に付きました^^;ちょっと遅刻。

受付のスタッフの方に呼ばれ、先に『同意書』や『麻酔問診票』を提出するように言われました。

その後、ドクタールーム・内診室の前で待ちました。

②7階で子宮の入口を広げる処置

さすが手術日という事もあり、待ち時間もほぼなく、内診室へ呼ばれました。

そこで、いつも通りエコーによる内診と、子宮の入口を広げる為に、何か紙のようなものを、子宮の入口へ入れました。

この紙は、水分を吸って徐々に大きくなるそう。痛みも違和感もほぼありません。

紙を入れる時ドクターに「ちょっと痛いよ!」と言われましたが、二の腕を強くつねっていたので、痛みは全く感じませんでした^^

内診は5分くらいで終わり。

このあと、8階の受付にいくように言われました。

はじめて男性ドクターだったのですが、内診の時の痛みが一番少なかった気がします。

③8階受付へ

子宮の入り口へ紙を詰めたまま、8階へ移動。

8階受付

「子宮の入口に詰め物をしたまま移動するなんて、気持ち悪そう。。」と思うかもしれませんが、

全く大丈夫でした!ほぼ違和感はありません!

8階の受付で、ノートや診察カードが入ったファイルを渡し、待合室のソファーに座って雑誌を読んで待っていました。

5分くらいでPHSがなり、リカバリールームへ入るように言われました。

8階のリカバリールームは、入口から入り、一番奥の場所にありました。

④着替え

まずは病院のベットのような場所に案内されて、ガウンに着替えるように言われました。

手術らしく、キャップまでおいてある^^;

この時から、ドキドキしてきました、、、

でも赤ちゃんの為だから、ママ頑張る。(まだ妊娠してませんよ。笑)

着替えが終わった頃に、看護師さんが再び登場。

⑤点滴

まずは点滴をしました。

私注射が大嫌いですが、点滴はもっと怖いんです。。

学生の頃、インフルエンザの高熱で点滴されて、恐怖のあまり倒れた経験があります^^;点滴はそれ以来・・。

今回、残念な事に看護師さんがハズレで、針をさすのがめっちゃ下手な人でした!!泣

刺したあと、場所が悪かったのが、針を少しずつ移動してた!!しばらく色々動かしたあと、「ごめんなさい!!刺し直していいですか?」と謝られて、針を抜かれました><。

仕方ないんですが、、(;;)

でも私の顔の血の気が引いてきたのか、ベテラン看護師さんに変わってくれて、ものの15秒で点滴を刺してくれました。

そのあと、

「大丈夫!痛くないところで固定しておくからね!はじめは痛みを感じるかもしれないけど、すぐに痛くなくなるからね〜!!」

なんて心強い看護師さん。。なんとなく、痛くなくなった気がする^^

そんなこんなで、点滴は無事クリア!やったー!

「順番がきたら呼びにくるので、それまで寝て待っててくださいね!」

との事でした。

⑥手術室へ移動。麻酔→手術

(大丈夫〜すぐに終わる〜〜これが終われば、妊娠しやすくなる〜〜)

みたいに自分に言い聞かせながら、目をつぶって、できるだけリラックスして待ちました。

多分20分くらい経過した後、看護師さんが呼びにきてくれました。

看護師さんん連れられて、点滴つけたまま手術室へ移動。

手術室にはドクターがすでいて、内診室と同じように、股を広げてスタンバイ完了。

(えっ、もう始まるの!?まだ麻酔してないけど!!)

そう思っていると、看護師さん2人くらいがバタバタと、指にクリップをはめてきたり、肩をさすってくれたりして、「今から麻酔入れますよ〜。ちょっとピリピリするかもしれません」って言って、

(確かにピリピリするな〜)と感じて、私が「麻酔って、そんなに早く効くん。。(ですか?)」って質問している最中に、寝てしまったと思います!!!笑

⑦目覚め

パッと目覚めたら、はじめにいたベットで寝てました。

⇩こんな感じで、手術の順番を待っていた時と同じ風景だったから⇩

時計を見ると、10時41分。手術室へ向かったのが10時過ぎ、、、

「えっ、何?!!手術もう終わったの?!!

それとも夢??でも40分も経ってるし、手術終わったって事やんな?

でもほぼ痛みもないねんけど!!!(ちょっと痛い日の生理痛くらい)」

と軽くパニクってました(笑)

持ってきたパンツを履いていたので、明らかに手術後なんですが、

信じられなくてナースコールを押して、看護師さんに「もう手術終わったんですよね!?」って確認しました。笑

「そうですよ^^しっかり目覚めてそうだからという事で、点滴を外しておきますね」

と点滴を外してもらいました。

そのあと「念のため、痛み止め飲んでおきますか?」と聞かれたので、痛みを全く感じたくない私は「はい」と即答。

「枕元にお菓子を置いているので、よかったら食べてくださいね^^」との事。

朝から絶食絶飲だし、手術終わった安心間から、このお菓子を見て泣きそうになった(笑)

⑧ナースから簡単な説明を受ける

「体が楽になったら、帰ってもらって大丈夫ですよ^^

薬の説明をしておきますね。〜〜〜〜〜(抗生物質を3日間と、痛かったらロキソニン飲んでね みたいな)

今タンポンが入っているので、お手洗いで抜いてくださいね。」

麻酔がまだ抜けてない感じでフラフラしてたけど、12時に旦那さんとランチの約束をしていたので、ゆっくり時間をかけて着替えはじめました。

そのあとお手洗いにいって、タンポンを抜いたら、少し出血しました。

(どうでもいいけど、タンポンを使った事がなかったので、抜くのにかなり苦労しました。意外と強く引っ張っても紐が切れないんですね!)

着替えも終わり、お手洗いでタンポンを抜いて、ケアルームを後にしました。

⑨ドクターから説明

そのあとドクターからのお話があるとの事で、8階の待合室で待ちます。

8階のソファーに座っていると、すぐによばれ30代?40代くらいの若い男性ドクターでした。(手術したドクターは、50代くらいの男性ドクター!)

手術でとったポリープを見せてくれて、

  • 無事取れたポリープはこれです。
  • 検査にかけますが、良性の事がほとんどです。
  • 10日後に結果を聞きにきてくださいね。

と言われただけ。

今回は、聞きたい事がたくさんあり、事前にメモを持って行ってたので、そのメモを見ながらアレコレ質問しました。

男性ドクターの方が、丁寧に答えてくれるかも・・)

と感じつつ、不安や疑問点は全て解決し、ドクタールームを後にしました。

【手術後】体調や痛みや出血は?

気になる術後の痛みですが・・・ほぼありません!!(手術あとに、生理痛のような痛みだけ)

渡されたロキソニン3粒を時間通りに全て飲んだけど、ロキソニン飲まなくても大丈夫だったかもなぁ?っていうレベル。

痛みは、ほぼありませんでしたよ。(痛みに劇弱の私が思うので、大抵の人は全く痛くないかも?)

ただ、出血量は少しですが、数日続きますね!

手術当時と2日目は、生理の最終日くらいの量が出てました。

術後4日目でも、ナプキンをずっとつけてました。

手術当日

手術あとは、ダルさがあり(麻酔のせい)ましたが、痛みはほぼ感じませんでした。出血は割としっかりあり、生理4日目くらいの量があります。

12時に病院を後にしてから、1時間くらいランチをして、30分くらい三宮をブラブラして帰りました。

頑張ったら夕方まで動けそうだったけど、麻酔が抜けきってなくてダルかったのと、傷口の事を考えて、早めに帰る事にしました。

帰ってからは、倒れるように約2時間ぐっすり昼寝。

家事も何もせず、毛布にくるまってソファーでテレビ三昧の時間を過ごしました。

(晩御飯も旦那さんが作ってくれた!)

手術から1日目

この日は麻酔が完全に抜けてたので、体は軽い!痛みもない。だけど、出血もあり、動くのは最低限にして過ごしました。

普段在宅で仕事してますが、この日も大事をとって仕事はお休みしました。

最低限の家事だけこなし、あとはソファーでゆっくり。散歩をかねて1時間くらい食材の買出しだけ、出かけました。

子宮の中の傷は、見えない部分だし、将来赤ちゃんを育てる大切な場所なので、早くキレイに治したい。

今頑張るのは『良くない』と思って、頑張らずに過ごしました。

手術から2日目

ほほ通常通りのカラダに戻りました。だけど出血はまだあります。

家事も仕事もいつもの60%くらいの頑張りました(笑)

手術から3日目以降

ほほ通常通りのカラダに戻りました。だけど出血はまだあります。

家事も仕事もいつもの60%くらいの頑張りました(笑)

ただ、なんとなーーく、子宮がピリピリ痛みがあるような気がしました。神経痛や排卵痛かもしれません。

【料金】

子宮内ポリープ切除手術のお会計は、13,690円でした。

私の場合、手術の項目に点数が入っていると、医療保険から給付金ができるので、今回はその対象でした。

医療保険に加入している方なら、事前に確認する事をおすすめします。

【気になる事まとめ】子宮内ポリープ切除手術の件

手術前に、私が気になって、ドクターや看護師さんに確認した点をまとめておきます。

①ポリープって絶対取らなきゃダメなの?

ポリープがあると、着床の妨げになる可能性があり、妊娠しやすくする為に切除するそうです。

また、ポリープの場所や大きさによっても、違うみたい。

私の場合、子宮の上部・卵管の出口付近にあり、かつサイズも大きめだったので、「絶対とった方がいい」とドクターに言われました。

だから、場所やサイズ・状況によって(妊活をはじめたばかり等)、切除しなくてもいい場合もあるかもしれないので、専門のドクターに相談してみてくださいね!

②日帰り入院扱いしてくれないの?

私の医療保険では、『入院扱い』してくれると、給付金の額が8倍近高くなりました。

私の医療保険

手術(入院扱いなし)→給付金25,000円

手術(日帰り入院扱い)→給付金200,000円くらい

だから、日帰り入院扱いして欲しかったのですが、看護師さんや受付スタッフさんに二人に確認したところ、英ウィメンズクリニックでは、子宮内ポリープ切除手術では、日帰り入院扱いできないそうです。

(ちなみに、卵管鏡下卵管形成術:FTの手術は日帰り入院扱いしてくれるそう!)

くっそー!20万欲しかった!!笑

③手術日の日程変更は可能?やり方は?

当初予約していた手術日を、変更しました。

英ウィメンズクリニックでは、電話1本で簡単に手術日変更できました。

ストレスからか、珍しく生理が5日くらい遅れて、手術日だと生理中の可能性が高まりズラしました。

④静脈麻酔ではなく、吸入麻酔に変更する事は可能ですか?

吸入麻酔の方が、静脈麻酔よりも強くなさそう・・と思っていたので、看護師さんに「はじめから吸入麻酔にしてくれませんか?」とお願いしました。

そうすると、

「静脈麻酔の効きが悪く、患者さんが動き出したら、急遽吸入はしますが、

はじめから吸入麻酔はできません。」

との事・・・。

えっ、めっちゃ怖いやん!!!!って怯えていた(手術の途中で目覚めたらどうしよう!!って)のですが、

結果、ぐっすり寝てたし、痛みもなく目覚めました(笑)

【まとめ】子宮内ポリープ切除手術を受けて

手術前は、

「痛かったらどうしよう・・」

「手術中に目覚めてしまったらどうしよう・・」

とか、色々怯えてビビってました。怖くて泣いてました(笑)

 

だけど、やってみたら全然余裕。

痛くないし、麻酔もぐっすりであっという間に終わりますよ^^

 

家族から、

「手術受けられへのちゃう?」

「手術の日、逃亡すると思ってた!」

とか、ビビリすぎて心配されていた私ですが、

終わってみて、「子宮内のポリープ手術余裕やった〜!!」って叫びたくなったくらい。笑

 

手術後に浮かれた送ったLINE(笑)

実は来月には、FT(卵管鏡下卵管形成術)の手術を受けるので、今回の手術が痛くて怖い記憶に残ると嫌なや〜って思ってたけど、次回もきっと余裕だ!!

ママ(将来なる予定)、頑張ります!!

不妊治療を頑張る方々も、一緒に頑張りましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です