FT手術(卵管鏡下卵管形成術)体験ブログ②当日編@英ウィメンズクリニック

先日、FT手術を受けて来ました!!

 

FT手術を受けるまでは、不安や恐怖で押しつぶされそうでしたが、

実際にFT手術(卵管鏡下卵管形成術)受けた方の体験談をたくさん読んで予習して、気持ちを落ち着かせる事ができました。

 

私もFT手術の体験者として、当日の流れ痛み、実際に支払った費用など、気になる情報をブログにまとめようと思います。

FT手術を受けようか迷っているあなた・

手術日が決まっていて不安なあなたへ、

少しでも役立つと嬉しいです!

*他にFT手術について、書いてほしい事があれば、コメントください!

受けるまでは怖かったFT手術。

だけど痛みも軽く、手術時間も早く、楽勝でしたよ♪個人の感想です)

まぁ、私の場合、気持ちの面で負けた・・・

FT手術(卵管鏡下卵管形成術):当日の流れ

まずは手術日当日の流れについて、お話します。

私は当初、一人の方の体験談を読んで「5時間くらいは病院へいるかな?」と思っていましたが、実際はたった3時間

それに、麻酔もよく効き、手術中に痛みを感じる事はありませんでした。

術後すぐに目覚めてしまい、『痛み』はあったけど、重い生理痛くらいの耐えれる痛みでした。(私の感想)

実際にかかる時間や、痛みの感じ方は、人それぞれですが、参考程度にご覧ください^^

 8:15 受付

FT手術は8:15に病院へ来るように言われました。

私が着いたのは、8:10分頃。

旦那さんは今日から出張なので、朝は病院へついて来てくれた。嬉しい😊

今日は2階へ。

いつものように、機会でチェックインを済ませ、受付で提出書類(*1)を渡しました。

提出書類(*1)について

  • 診察券
  • 保険証
  • 治療ノート
  • 問診票と同意書
  • 高額医療限度額認定証
  • 生命保険会社の診断書

そのあと、10分くらい経つとPHSが鳴り、中入るように言われました。

まずは下の写真のような半個室に通され、看護師さんから問診票と同意書に漏れがないかチェックがあります。

「今週期は確実に避妊していますか?」と、確認もありました。

 8:25 ケアルームへ移動&着替え

簡単な確認がすんだあと、ケアルームへ案内されました。

ケアルーム(病院みたい!)

看護師さん👩「こちらのガウンに着替えてください^^下着は全部脱いできてくださいね。

手術が終わった後に履くパンツは、枕元の台の上おいててくださいね。」

簡単な説明を受けると、看護師さんは一旦退出。

 

一人になり、ゆっくり着替えます。

手術が憂鬱過ぎて、自然と着替えるのが遅くなります。。

 

いよいよはじまるのか〜〜。

この部屋(病院の部屋みたい)に入ると、恐怖感に包まれる😖😢

 8:35 点滴開始

看護師さんが戻って来て、点滴開始です。

ちょっとビビらす事言って申し訳ないのですが、今回も点滴が下手な看護師さんに当たりました(泣)

(前回、ポリープの手術を受けたけど、その時の点滴は刺し直しだったしなぁ。。)

刺すまでにかなり時間がかかった上、痛い手首部分に刺す事になりました😱

ただでさえ点滴が苦手なので、点滴をさし終えた時点で、かなり精神がやられていました。

看護師さんが「手術の順番が来たら呼びに来るので、ゆっくり過ごしてくださいね」と去ったあと、一人になったら涙がポロポロ出てきました。。

なんでこんなタイミングで?って感じですがね(笑)

 

う〜〜怖いよ〜〜。(点滴)痛いよ〜〜〜手術受けたくないよ〜〜〜〜😭😭😭😭

みたいな感じで(笑)

でも、点滴って時間が経つと痛みはなくなるんですけどね。

今回の手術の中で、この時間が一番辛かったです😢35歳でも、怖いものは怖い。

 

そのあと15分くらい、順番が来るまで待機していました。

手術の前日、出産したばかりの友人へ会いに行ってきたので、その新生児を思い出しながら、「頑張ろう。」と自分を励ましていました。

いつか、我が子を抱きたいし、旦那さんをお父さんにしてあげたいから。そのために、私はこの手術を受けて、卵管を貫通させるのだ!!

 9:00 手術開始

9時頃に、看護師の方が呼びに来て、歩いて手術室へ向かいます。

 

自分で歩いて手術室へ向かうって、変な感じですよね?

私は手術が2回目だったので、驚きませんでしたが、初めての人ならびっくりするんじゃないかな??

 

手術台に上がると、手足を固定されたり、足にカバーを履かされたりと、人形のように扱われます(笑)三人の看護師さんがテキパキ動いてるのをじっと見てました。

ドクターはY田先生という、男性でした。優しい笑顔で挨拶してくれて、それだけでちょっと力が抜けました。

(こういうの大切。大丈夫ですよ〜とかもっと話かけてほしいなぁ😖)

そのあと、確認のために『名前』と『生年月日』を聞かれ、答えると、いきなり内診がはじまりました。

急に内診がはじまったので、手術がはじまったのかと思ってびっくりしてると、「いつもの内診ですよ〜〜」と言われました。

内診しますよ〜って言ってから、手を入れてほしいぃ😭

バタバタしたまま、「麻酔入れますよ〜。全身がピリピリしますが、麻酔の成分によるものですよ〜」みたいな事を言われて、その後10秒以内で、寝ました。

麻酔は、静脈麻酔と吸引麻酔の両方を併用すると聞いていましたが、吸引麻酔をしたかは不明です。(寝てる間にしたのかな?)

手術中は、起きる事なく、痛みを感じる事もありませんでした。

 9:30 目覚める

ケアルームで目覚めました。とは言っても、ほぼ朦朧状態。

重い生理痛のような痛みがあって、痛みを感じたくないから、すぐにナースコールをしました。

看護師さんへ「痛いんですけど、何か飲み薬ありませんか?それに点滴を外してほしいです」と伝えると、

👩「今座薬が入っているから、あと30分もすれば効くから待っててくださいね。点滴も、あと30分はしててくださいね」と優しく言われました。

仕方なく、横になって丸まっている(自分なりに、安心するポーズ)と、すぐにまた寝ていました。

10:00 本格的に目覚める

30分くらいすると、看護師さんが声をかけてくれました。

👩「どうですか?もう点滴外せるので、外しますね」「枕元にお菓子とお茶を置いているので、よかったらどうぞ。楽になるまで横になっててくださいね^^」

そのあと薬を渡されて、飲み方についても説明がありました。

 

痛みもほぼなくなり、点滴も外してもらえたので、やっと終わったんだと安堵しました。嬉しくて、また泣きそうになりました(笑)

かなりフラフラしてましたが、早くこの場所から出たい一心で、無理やり体を起こして目覚めさせました。

枕元にビスコとお茶があったので、少しでも意識がハッキリするように、ビスコを無心でボリボリと食べました🍪

多分まばたきする事なく、一点見つめて食べたと思う!笑

10:10 お手洗い&着替え

手術後は、タンポンが入っているので、必ず抜いてから帰らないといけないそうです。

フラフラとお手洗いに行き、タンポンを抜いて、ゆっくりと着替えて、ケアルームをあとにしました。

かなりぼーっとしていたので、よく考えたら、看護師さんに声をかけずに出ていったかも??

10:30 お会計

お会計を待ってると、看護師の方が来てタンポン抜いたか確認に来ました。

やっぱり私、なにも言わずにケアルームから出たのかもしれないな😓すいません・・。

お会計は、事前に『高額医療限度額認定証』を渡していたので、上限額のみでした。

詳しい金額は、年収がバレてしまうので言えませんが、9万円くらいの人が一番多いみたいですね!

「『高額医療限度額認定証』って何??」

って思った人はこれを見てくださいね。

FT手術の予約をして来ました!手術前に準備すべき、医療保険と健康保険

お会計が終わると、ドクターの話をきくために8階へ行きます!

11:00 ドクターとのお話

8階で待っているとPHSが鳴って、ドクタールームへ。

ドクターはT中先生という、若い男性のドクターでした。(手術をしたドクターとは違うドクターです。)

このドクター以前もお話した事がありますが、物腰が柔らかく、とっても親切なドクターです。

まずはFT手術の結果報告です。

かなりぼーっとしたいたので、きちんと理解できたかはわかりませんが、言われた内容は次のような事。

  • 左右の『間質部』が左右とも閉塞してましたが、手術で広がりました。
  • 『狭部』と言われるところも狭くなっていてひだは不良になってました
  • その奥にある『拡大部』は、広がり・ヒダともに問題ありませんでした。

と、下のような資料を見ながら説明してくれました。

ヒダの不良の事を気になり、ドクターに質問すると、

  • 『狭部』は『拡大部』よりもかなり短いので、そこまで重要じゃない
  • ヒダが全くない訳じゃなく、少なくなっているだけ
  • 今まで『間質部(卵管の入口)』が詰まっていたけど、今回広がったから改善する可能性もありますよ

との事でした。

私が心配したのは、ヒダが正常に機能しないと、せっかく妊娠しても子宮外妊娠してしまうのではないかという事。

だけど、その心配はしなくても大丈夫と言われました。

手術の結果説明のあとは、今後の治療方針についてです。

私は、できるだけ可能性を高めたいので、すぐに人工授精をしたい事を伝えました。

生理7日目でFT手術を受けたので、生理(初日から数えて)11日目〜13日目のどれかで、人口受精をする事になりました。

(生理11日目〜13日目の毎朝、排卵チェッカーでチェックし、陰性が出たらその日に病院へくるそうです。)

麻酔のためか、本当に頭が回ってなくて・・念のため会話をこっそり録音しておいたのですが、正解でしたよ!

散々怖がりましたが、手術自体は楽勝でした(笑)

こんな感じで、FT手術は目覚めた時に、重い生理痛のような痛みはありましたが、冷静に振り返ってみると、なんてことない楽勝な手術でした(笑)

散々、ビビりまくり、怖がった私が言うのはなんですが・・(照)

 

だって、病院へ着いてから3時間で帰れたし、座薬が聞けばほぼ痛みはなし!

だけど、手術=怖いという思い込みで、必要以上に精神がヤられてしまいました😂

スポンサーリンク

FT手術(卵管鏡下卵管形成術):痛み

気になるFT手術の『痛み』について、まとめておきます。

術後の痛み

術後はすぐに目覚めてしまった私は、重い生理痛のような痛みを感じました。

「うぅう〜〜いった〜〜。。」みたいな感じですが、座薬が聞けば痛みはとはオサラバでした!

(ってか、手術始まる前に座薬入れてくれないかな??)

でもなんとなく、「卵管ほじくったあとだから、痛いのかも??」と思い込んでしまって、薬を飲んだけど、痛い気がすると思っていました。

多分、本当は痛くない!笑

当日の痛み

当日は欠かさず、病院から渡されたロキソニンを飲みました。

さっきのように「なんか痛い気がする。。かも??」みたいな感じです。痛みに劇弱な私がこの程度なので、普通の方なら(痛み止めを飲んでおけば)痛みはないとおもいますよ!

翌日の痛み

翌日は「痛い??・・・痛くないか!」って感じで、痛みはなかったですね。

だけど、なんとなく卵管あたりが張っているような気がして、安静にしていました。

スポンサーリンク

FT手術(卵管鏡下卵管形成術):当日・翌日以降の体調

次は体調について、一番大変だったのはダルさです。

麻酔のせいで、当日はかなり体が重かった!『痛み』よりも、当日の『ダルさ』の方が、大変だった!

当日の体調

当日は、とにかくダルかったです。

私の場合、病院でゆっくりせずに、すぐに起き上がって帰ったからかもしれません。

病院のあと、心配で駆けつけてくれた母と、家の最寄り駅で待ち合わせました。

(本当は病院まで来る予定が、私が予想外に早かったので間に合わず。笑)昼食を食べて、食材の買い物をして、家に帰りました。

母と食べた、田舎そば

家に帰るまでは、かなり気を張っていたけど、買い物中も体が重く、家に帰り着くと10分もしないうちに寝ました。

しかも、なんと5時間くらい寝てた😳!!

夕方目覚めて、晩御飯食べてもダルくって、横になってテレビを見て、11時前にはまたベットで寝ていました。

母が用意してくれた、晩御飯のサムギョ

一緒にいてくれて嬉しい(T T)

FT手術当日は、何も予定入れない事を強くおすすめします!

翌日の体調

翌日目覚めたら、かなり元気になっていました。

麻酔が抜けたせいでしょうか?

体は元気だけど、卵管の傷も気になるし、少し出血もあったので、まだココロもカラダも完全じゃない。

安静に過ごしました。1時間くらい、散歩したくらい。

個人的には手術から5日目くらい経てば、心身ともに元通りになれる気がします。(今日で4日目)

スポンサーリンク

FT手術(卵管鏡下卵管形成術):術後気になった事

また術後の事で、気になった事を、ドクターに質問してみました。

タイミングはいつからとっていいの?

タイミングは、今日(FTの手術当日)からでもとっていいそうです。

とは言っても、そんな気になれないけど・・・。

運動はいつから大丈夫?

「運動ですか?今日からしても大丈夫ですけど、体調次第ですかね?」との事でした。

だけど当日はダルくて、さすがに運動するきになれない。手術から3日目にホットヨガに行きましたが、それでも卵管が張っているような気がして気持ち悪かったです。

お酒はいつからOK??

お酒も当日からOKだそう!

本当かな?笑

FT手術って、そんなにダメージないのかな??😂

ちなみに私は、2日目まで出血があったので、3日目にビールをコップ1/3のみましたよ🍻

FT手術(卵管鏡下卵管形成術):費用(お会計)

次は気になるお金の話です。

私が通う『英ウィメンズクリニック』では、FT手術は約90万でした。

3割負担の保険が適用されて30万くらいに、

高額医療制度を使うと、約9万(*)くらいになる人が多いみたいです。

*年収によって異なります。

FT手術の予約をして来ました!手術前に準備すべき、医療保険と健康保険

実際に支払った合計額

私が実際に払ったお金は、高額医療制度の上限額のみ!

その他、何か請求されるかと思っていましたが、本当にこの上限額のみでした。

詳しい金額は、個人情報の都合上言えません。ごめんなさい。

お得情報①:生命保険

民間の生命保険に加入している方は、FT手術が給付金の対象になる可能性があります。

私は第一生命で医療保険に加入していたのですが、調べてみると下記のような給付金でした。

  • 外来扱い・・・2.5万円
  • 入院扱い・・・16万円

めちゃくちゃ差がありませんか?

事前に調べていたので、入院扱いで手術を予約しました。

まだ診断書を病院に書いてもらっているところで、給付金請求はしていませんが、給付金が支払われたら、別記事でまとめる予定です。

お得情報②:高額医療

高額医療制度は先ほど軽く説明しましたが、

この制度は、手術代が(所得に応じて)一定額に安くなる制度です。

一番多いのが9万くらいになります。

2パターンあって、

  1. 病院へ30万払って、後から保険組合から21万振り込んでもらう
  2. 『高額医療限度額認定証』を提出して、病院へ9万だけ払う

があります。

2の方が断然楽なので、こちらを参考に『高額医療限度額認定証』を取り寄せる事をおすすめします!

このブログを読んでくれた『あなた』へお願い

下記2つをクリックして頂くと、更新の励みになります^^

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です